インフォメーション
【QUESTLight6thイベント無事終了】

お越し頂いた皆!立ち寄ってくれた皆!ありがとうっ!

【sample音源置場】4thCDについて更新しました。
訪問ありがとうございます。4thCDが完成しました!今後も、その時の全力を出し切った作品にします。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆかりんご♪結成のひ・み・つぅ~♡

皆のお陰で1500hit達成しました♪★ありがとうなの~☆ミ

えーっと、今日ですね、ニコ生でRocketの放送見終わってプラプラしてたら、凄い人が居たんですよ。

聞いたコトのある曲ならそのまま即興で弾いてしまうって言う。神人だ。

まるで『レイ・チャールズ』みたいじゃないですか。何なんですかホントに。

いつかこんな風になれればと思いつつ、今の実力でどの程度行けるか実験してみたんです。

えぇ。弾いてみました。でもさ、録音したの聞いてみたら何でか知らないけど音がディレイ的な感じで

重なりまくってて、とても聞けないのでうp諦めた。くっそおおおおお!

元データ消さなきゃ調整が出来たかもしれないのに・・・!ホント消さなきゃ良かったorz

どうしよ。せっかくネタ用意したのに没になったぞ・・・。ピーンチッ!

そんな時は・・・!!そう!




過去のお話に限りますね!


ってか、未来のお話なんて分かりません。ボクはみ○るちゃんではありませんし。

確かに、今後の目標とかそういうのならお話できますけど、既に記事にしていますし。

もうそれをネタに引っ張るのは限界でしょう。そこで今回は・・・!ジャジャン!

『なぜこのサークルが発足したのか!今のメンバーがゆかりんご♪に出会ったきっかけって何なの?』

そんなテーマでお話をしていきたいと思いますです。

まず『なぜこのサークルが発足したのか!』なのですが、

これ実は、ずーっと前の記事に書いてあるんですよ。そこを転記して補足したいと思います。

---------回想モード(6月半ばの部活中)-----------------------------------

友人T(のちのRubyness)『あっつう!あっつうってば!』

わたくし『ぬぁーんじゃい!騒がしい!』

友人T『実は、俺同人サークルを作ろうかと思うんだ!』

わたくし『( ・∀・)』

友人T『それで、俺の身近でPCを使った色塗りとかその他PC関係はお前しかいないと思ったわけだ。』

わたくし『( ´,_ゝ`)いや、俺絵心Nothingだし。』

友人T『いや、絵じゃなくて、PC技術関係全般を任せたいんだ。』

わたくし『( ゚д゚)』

友人T『(´・ω・`)どうか頼めないか?今のところメンバーは3人。』

わたくし『ンィー・・・それもまた青春。ええじゃろう。若いうちにいろえろやっておかなければのぅ。
わしらはみんな生きておる。生きておるから同人活動ヒャッh(』

友人T『(^ω^)bありがと!んじゃぁ早速だg(』

-----------------------------------------------------------

てな感じで悟ってしまったわけだ。←(ここまで過去からの引用)

これがコトの始まりです。サークル結成の瞬間でした。

・・・あのね、今思うとさ、結局色塗りさせられたんだよな!(ダマサレタ

ま、まぁいい経験だったしこれからも機会あればやりたいけど、それを本気で取り組めるかと言われたら

やっぱり音楽の方をとってしまうのが私の本心ですし。ミクデビューしたいほどですから。

しかし、後のサークル長となる男、Rubynessには感謝しています。彼のお陰でこの素晴らしいサークルに

所属できているのですからね。あの時断っていたらと思うと震えが止まりません。

生きがいを見つけられないで、進みたかった上の学校にも行けなくて[うじうじ]しているだけの、

そんな毎日を送るコトになっていたでしょうからね。サークルのお陰で俺の精神は保たれている・・・。

それはさておき、この後の展開ですが・・・?ここからは、うる覚えですのでイメージです。

----------------とあるスーパーの入り口にて--------------------

Rubyness『よし!それじゃぁこれからサークル絵師となる人と顔合わせだよ。名前は○○。』

あっつう『wktk!緊張するなぁ・・・。wktk!どんな人なんだろ・・・ドッキドキだわ』

Rubyness『そんな緊張しなくても・・・w同い年だよ?』

あっつう『そうだな・・・確かに。高校違うだけだし。気楽に行きたいものだが・・・』

Rubyness『ほら、あの人がそうだよ』

あっつう『おおおおおおおおぅうううううう!!?!??!?』

白楼春風『お?来たね来たね☆ハロー!Rubyness♪』

Rubyness『お待たせしてごめんよorz』

白楼春風『いや、全然待ってないよ。』

あっつう『あのー、どうも。PC技術系担当になりましたあっつうです。ヨロシクなのです。』

白楼春風『お、Rubynessが言ってた人だね?こちらこそヨロシクお願いしますぅ』

------------そのまま、とあるスーパーの一角の休憩所にて------------

あっつう[なーんだ、すごい良い人そうじゃんか・・・よかったぁー♪]←心の声

白楼春風『それにしても、いやいや、聞いてた通りあっつうさんイケメンですねぇ・・・』

あっつう『え!?いやいやいやそんなコトないって。てかイケはイケでも埋け面の方かなるほど』

白楼春風『いえ、イケメンですよ?いやぁ、いいっすね!このメンバー!』

あっつう『・・・。まぁそうだねぇ。私も白楼春風さんのような秀才に会えて光栄ですよ。』

白楼春風『えー!?いやーまだまだだよ。これからはサークルの絵師なんだから、もっと頑張らないと』

・・・そうして彼はシャーペンを滑らせて始めた。

あっつう『あれ!?待った白楼さん、左利きなの?』

白楼春風『そうだよ?』

あっつう『本物の秀才か・・・なるほど。実は私も左利きだ・・・鉛筆は右だがな。その他全部左なんだ』

白楼春風『ええええええええ!?そーだったの!?それは同じ左利きとして頑張っていこうじぇ!』

あっつう『そうだな。サークル内で【左利き同盟】でも作るか!3人中2人加盟、やべぇTUEEEEE!!』

Rubyness『俺は仲間はずれな上になるほど、二人とも左利きだったのか』

あっつう&白楼春風『あ~ら、おバカさんなのねぇ♪サークルメンバーの利き手も分からないなんて・・・
             あなた、乳酸菌、とってるぅ?♡』

Rubyness『普通利き手なんて意識しないと思うのは俺だけなのだろうか』

---------------------------------------------------------------------

白楼春風は元からRubynessのお友達で、良くバカをやっていたそうです(笑)

・・・いやぁー最初の顔合わせ、ホント楽しかったですねぇ。

うん。大まかこんな感じで合ってると思います。互いに緊張しながらもノッリノリでした。

Rubynessいじって遊んでました( `・ω・´)b

学ぶ高校が違うと言うことで、会う回数はRubynessやRocketに比べると格段に少ない。

ですが、それでも集まってバカやれるのはこの時のスタートが良かったからでしょうね。

彼はこのサークルの根本を支える『絵師』という立場です。

彼の存在なしでは『ゆかりんご♪』の結成はありえなかったでしょう。

さて、次の場面は・・・Rocketが新規参入してきた所から行きましょうか。

これもうる覚えなので、状況は大体あってますがちょーっと怪しいかもです。。

---------------------------------------------------------------------

―あれは確か・・・夏にRubynessの両親に連れられ信州新町の花火を見に行かせてもらった時でした。

その時の行きの道中、車に揺られる中でボクの携帯が―

『・・・にゅーくれらっぷぅ~♪さらんらっぷーじゃーなぃおー♪』


っと、鳴り響き始めたのです。ボクは何故か恐怖を感じ、おそるおそる中身を確認しました。

すると・・・今まで見たことの無い新着メールが1件、届いていたのです・・・!(ざわ・・・ざわ・・・

ボクは唾をごくりと飲み込み男らしく覚悟を決め、その新着メッセージを閲覧しました。

すると・・・!


〔差出人 Rocket 題名 Re:Re:Re

【画像が添付されています】

・・・こんな感じだよー!〕


ボクはそれを見た瞬間、最初に感じた恐怖が更に増していく感覚に囚われました―

そして隣にいたレイチャールズ・・・じゃなかった、Rubynessがボクの異変に気がついたのです。

Rubyness『え!?あっつー、震えてるじゃないか?どうしたの!?』

あっつう『こ・・・こ・・・これ・・・を・・・見て・・み、見てくれ・・・』

Rubyness『な!?うわ、うわわ、うわぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあッヌ!』

あっつう『だ、・・・だろ・・?グハッ・・・すげぇ・・・戦力な人を見つけちまった・・・』

Rubyness『・・・こいつは、間違いなく大物になれる・・・な・・・ドピュッ』

あっつう『オイ・・・効果音・・が・・お・・かしく・・ない・・か?』

Rubyness『すまん、この絵をみて、つい興奮してな(笑)』

あっつう『おまえ少しは自重しろぃバカヤロウ』

Rubyness『まったく、雰囲気ぶち壊しだな(笑』

あっつう『お前がそれを言うかァァ!!俺のセリフだ返せコノヤロウ』

Rubyness『待て、自分だって重要な所〔レイチャールズ〕って間違えたじゃねぇかよ!』

あっつう『あれはまだ修正が利くレベルだったんだ。だがお前は本格的にぶち壊しやg・・・』

Rubyness『ドピュッ』

あっつう『おk。お前はこの車から即座に飛び降り目的地までの後40kmを走って行け。携帯は返せよ?』


―そんなこんなで、絵を見た瞬間に良い意味で恐怖を感じた訳でありました・・・

------------------------------------------------------------------------

~出会いの経緯~

(妖艶)Rocketは、元からボクの友達です。彼も絵が好きで描いていたんです。(学校で)

それをボクが見てですね、これだっ!と思ったんです。丁度家でデジタルでも描いてみた

そうなので、じゃぁそれを送ってくれないか?と言う話になって返信が来たらアボーンしました。

『a born』です。生まれましたね新たな絵師が。えぇ。と言うコトで―

Rocketはゆかりんご♪結成から2ヶ月後にメンバーとして所属しました♪

恐らく、我々の中で一番『情報発信能力』が高いといえると思います。

pixiv投稿やニコ生放送をしているのでね。是非見てくださいね♪( `・ω・´)

次にニコ生主、ゆなぽっちとの出会いをばお話しましょう。


------------------------とある時学校にて-----------------------


Rubyness『あっつう、ニコ生主の[ゆなぽ]って知ってるかい?』

あっつう『ん、いやニコ生見ないんだよね俺』

Rubyness『ヤヴァイよ!?歌歌ってるんだけどさ。一回でいいから見てみなよ!』

あっつう『あっそう?分かった。一応心に留めておくよ』


-----------とりあえず見てみた時のメッセンジャーの会話------------

あっつう『うおおおおおおお!?なんぞこの人は!?すごいじゃないか』

Rubyness『でしょ!?あの人(←本人のオケ聞くと分かります)そっくりの声じゃない?』

あっつう『ふむ。確かに!今後が凄く楽しみだよね。』

Rubyness『いっそのこと、サークルに呼ばない?』

あっつう『(,,゚Д゚)』

Rubyness『この声、すごく欲しいの・・・。ほしーの♪』

あっつう『それは某コマーシャルのモノマネか?やめておけ似合わん』

Rubyness『すみませんでした。でも分かるじゃん?』

あっつう『まずはお友達になれれば・・確かに良いかも・・・』

------------そんなこんなでウチでスカイプ突撃してみた---------

Rubyness『と言うコトであっつうと俺でゆなぽっちを入れました!』

あっつう『まぁ他のメンバーの了承も得たしな。初めての会話かぁ・・緊張するなぁ・・!』

Rubyness『おし、凸るよ?いいね!?』

あっつう『あぁ。おkだ。行ってくれ。』

シュポンッ!

ゆなぽっち『ぁ、どうもこんにちは』

Rubyness&あっつう『こんにちわです!』

ゆなぽっち『サークル入れてもらってありがとう!メンバーの皆さんは納得してくれてるの?』

あっつう『えぇ。もちろんです!それでですね、今後我々がCDを出していくコトになると・・・(』

-------省略-------

ゆなぽっち『なるほど。分かりました!よろしくお願いします♪』

Rubyness&あっつう『こちらこそ、よろしくです!』

プチッ


あっつう『ッだあああああああああ!!!!!!ホントにメンバーに加わってくれた・・・w』

Rubyness『今後はCD制作もやっていかないとね。ヴォーカリストいるのにCD出して無いとか・・』

あっつう『謎だな。宇宙船は何故円盤型が多いのか並みに謎だな』

Rubyness『だな。今後は音楽活動にも力を入れていこう!』

あっつう『任せろし!ただ機材そろえなきゃね・・・。』


----------------------------------------------------------------

~そう、出会いは突然に~

ゆなぽっちとはまだ一回もリアルで会った事がないのですよ。今年の何処かで是非お会いしたいと

思っておる!ワイワイ♪その時まで互いの顔はひ・み・つぅ~♡ってな感じです。

ゆなぽっちは最近忙しいようですが、何とか時間をとって頑張って歌練習をしています。

そんな健気な部分に人柄が出てるので、是非ヴォーカリストとしてゆかりんご♪に入って欲しい。

そう思い声を掛けました。Rubynessが声をかけたのですが、快く承諾してくれたようで

その日から我々のメンバーとなっています!記念すべき第1弾のCDは全てOffVocalでしたが、

今後、第3弾程度のCDからOnVocalを制作予定でいます。今年の冬頃になるかな。

せっかく入ってもらったのに今の所何もお仕事?が無くて申し訳ない限りな感じです。

-------------------------------------------------------------------

てな感じでした。現状を交えながら過去の話って意外と難しいですね。

よーし!この記事だけで3時間かかったらしい。思い出しながら書いた上に文章読み直したら

おかしな部分たくさん。訂正入れるでしょ?訂正箇所多いでしょ?繰り返すでしょ?

さらに訂正箇所見つけるでしょ?夢幻ループになりかけました。そしてなにより!

長文失礼しました。毎度ここまで読んでくださる皆さんには敬服します。ありがとうございます。

さて、早くも明日の更新を考えなければ・・・。何にしようかしら・・・。

投稿者:あっつう
スポンサーサイト

Comment

Secret

おめでとうです!

初コメ&おめでとうです!
ロケットさんの放送毎回見てて
「ゆかりんご♪」さん教えてもらいました!(skypeでw
あとあと文章長く書くの大変そうですね(;´Д`)
まぁ。これからも応援しますので頑張って下さい!

(,,゚Д゚)!

よるさんじゃないですか♪
ロケットの生で良くコメント拝見してます♪
ありがとうございますです♪
ネタがないのは仕様なので仕方が無いのです。
応援ありがとです!それを糧に明日を生きます。
あっつうでしたー♪

小傘「なんと、1500hitと申すか!?」 そんな小傘を(ry

こう言うのも何ですが、ゆなぽさんのコミュで「ゆかりんご♪」さんを知りまして跳んできました。

お め で と う ご ざ い ま す ! 

でも流石に手ぶらで「おめでとう」なんて・・・
・・・・そうだ!じゃあ記念に東方15秒の人に歌ってもらおう!そうしよう!

応援歌・・・にはできなかっですorz
(作曲:U2、アレンジ:東方15秒の人、歌詞:(腹)黒猫)
「15秒で砕月(http://c.pic.to/11ntfj)」

何は共あれアレンジャー見習いの人達と一緒に応援しています!頑張ってください!

(* >ω<)♪

(腹)黒猫さんお初です♪ありがとうございますですよ!なんと!?ギターを弾けるのですか!?
さらに詞まで書けるのですか!?なんですと!?
すごいうらまやしい&尊敬・・・///
早速拝見しましたが、お上手っすね・・。ボクも次の記事でピアノ弾こうかと思います!
アンサーmusicみたいな形になりますね・・・w
ボクみたいなアレンジャーの底辺を応援してくれるなんて・・・顔が赤くなっちゃいます(
でもでも、応援してくださる方が居る限り、ボクは・・・ボクは・・・kskし続けて行こうかと思います♪
お互い頑張っていきましょう♪そしていつか共演?しましょうか!ウフフ嬉しいナァ・・・♪
プロフィール

ゆかりんご♪Members!

Author:ゆかりんご♪Members!
♪Rubyness…長
【総務会計人事&編曲担当】

♪あっつう・・・副長
【編曲&サイト管理&雑用担当】

♪白桜春風・・・アナログ絵師
【同人誌グッズイラスト担当】

♪ロケット・・・デジタル絵師&塗師
【とりあえず飛びます】

♪ゆなぽ・・・歌ってる師
【パチェ好きお兄さん】

何か連絡する所↓
yukaringofree@hotmail.co.jp

カレンダー
最近のコメント
  • 07/07:Rubyness

  • 07/02:ZEROGRAVITY

  • 06/30:Rubyness

  • 06/30:シュワイ

  • 06/26:あっつう

  • 06/26:あっつう

  • 06/26:西條

ブロとも申請フォーム
東方時計♪
合計アクセス人数
バナーリンク
--↓イベント関係各所様↓--
--↓ご協力各所様↓-- ---↓相互リンク↓--- ↓ゆかりんごバナー直リン推奨↓ ↑使ってください♪LinkFree!↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。